新着情報はこちら

金融機関に評価されやすい事業計画書作成 4つのポイント

金融機関から融資を受けたいと考えている経営者様向け

金融機関から企業融資を受けたいが、企業融資を受ける際に必要となる事業計画書の作り方もわからず、審査に通るか不安といった経営者の方も少なくありません。本書では、金融機関に評価されやすい事業計画書のつくり方と押さえておきたい4つのポイントについて解説します。

ダウンロードできる資料の内容
【1章】 金融機関が好む事業計画書には特徴がある
金融機関に対する誤解。銀行は数字だけでは判断しない
融資を受けるために金融機関から評価される事業計画書づくりが大切
【2章】 金融機関に評価されやすい事業計画書のつくり方
事業計画書で絶対に押さえておくべき4つのポイント
ポイント①一貫性 ~計画数値と定性情報の関連を意識する~
ポイント②具体性・実効可能性 ~どのようなアクションプランによって計画を実現するのか明示する~
ポイント③客観性・わかりやすさ ~行員が行内で説明することを意識する~
ポイント④情報の網羅性 ~財務3表だけでは足らない、計23個の必要資料~
【3章】 銀行とディスカッションしやすい事業計画書作成を支援するきらぼしコンサルティング
きらぼしコンサルティングとは
「事業計画書作成支援」の特徴